初めてでも安心!楽しくて面白いパチンコを始めよう!

パチンコの仕組みとは?

町中でよく見かけるパチンコホール、様々な人がパチンコ台で遊んでいますが、パチンコにはみなさんどのような印象をお持ちですか?パチンコは、のめりすぎるとよくないですが、遊び程度なら非常に楽しく遊べる娯楽です。最近は、一発逆転タイプから、当たり確率を下げて当たりやすくした「甘デジ」までたくさんの種類があります。娯楽としてのパチンコを、楽しみましょう。パチンコは、まず玉を1個4円(1円や2円のところもあります)でホールから借ります。そして、その玉をパチンコ台に入れていき、「ヘソ」と呼ばれるスタートチャッカーに入れます。すべての玉がスタートチャッカーに入るわけではないので、大体250個当たり16~18回入れば優秀でしょう。そしてそのスタートチャッカーに入れば、パチンコ台が当たりか外れかを抽選します。

「MAXタイプ」と「甘デジタイプ」の違いとは?

パチンコホールには、様々な種類のパチンコ台がありますが、法律によって大当たりの確率は「1/400未満」と決められています。そして、その「1/400未満」に限りなく近い台を「MAXタイプ」と言います。「MAXタイプ」の特徴は、大当たり確率が非常に重い(台によっては1/399という台もあります)ですが、当たれば出る玉の数は非常に多く、中には一回の大当りで2400発も出ることも。そういう台は、一度当たれば確率変動(その間は大当たりの確率が変化する。通称「確変」と呼ばれる)の抽選が同時に行われ、確変の抽選に当たれば1万発も夢ではありません。一方、大当たり確率を下げて、「1/100未満」までに持って行った台を「甘デジタイプ」と呼ばれます。「甘デジタイプ」の特徴は、大当たり確率が非常に軽いので当たりやすいですが、あまり出る玉は多くありません。ですが、当たりやすさや演出を見たいパチンコファンは「甘デジタイプ」を好んで打つ傾向にあります。

パチンコホールに行ってみよう!

最近は女性一人でもパチンコホールに入っている光景が見られます。パチンコホールは、皆さんが想像する以上に台の音が騒がしいですから、初めて行かれる方は耳栓や、カナル型のイヤホンを耳に刺していくことを強くお勧めします。そうすると、ホールから外に出たときの耳鳴りが少しは軽減されます。そして、ホールに行くと様々な台がありますが、台選びは「自分の好きな台」を中心に選びましょう。人気アニメとタイアップした台や、わかりやすい台が多数あります。そして、運よく大当たりして玉が出て、やめたいときは台の上のデータランプで店員を呼んで、指で×マークを作りましょう。それがやめる合図になります。そして玉を流して、カウンターで好きな景品と交換しましょう。最近は、ドル箱を設置せずに各台で計数する各台計数機を導入しているホールが多くあります。その場合は玉を流してもらう必要はありません。ICカードに玉を入れて、そのままカウンターに向かいましょう。最後に、パチンコはすべて運ですので、出る時もあれば出ない時もあります。それを踏まえて、楽しいパチンコライフを送ってくださいね。

パチスロのアプリは毎日の収支を自動的に計算してくれるので、月単位や年単位での収支が簡単に記録できます。